ユニフォームレンタル

こんな課題を解決

ユニフォームレンタルが解決する4つの課題

1.衛生面での課題を解決

衛生面の課題を解決

これまでの課題

従業員が個人で管理することが多かったユニフォーム。当然洗濯もそれぞれが自宅に持ち帰って行います。洗濯の頻度も人それぞれになり、明らかに汚れたユニフォームを着続ける姿も散見されました。特に食品業界では、衛生管理は重要事項ですが、個人管理ではなかなか解決できません。

ユニフォームレンタルで解決

ユニフォームは個人で持ち帰ったりせず、店舗/工場にてまとめていただいたものを回収に伺います。皆が常に清潔なユニフォームに袖を通すことができ、衛生面でのリスクを大きく軽減することができます。

2.在庫管理の課題を解決

在庫管理の課題を解決

これまでの課題

退職者が出た時のユニフォームの回収およびその後の管理や、入職者が入った時の新しいユニフォームの手配など、細かい部分で管理者の手間が積み重なっていました。

ユニフォームレンタルで解決

中古在庫や新しいユニフォームの準備などをすべてお任せいただくことができ、必要なときに必要な枚数をレンタルするだけです。また、個別にタグ管理しているので、一枚ずつ着用者を特定することも可能です。

3.コスト管理の課題を解決

コスト管理の課題を解決

これまでの課題

ユニフォームのリニューアルなど、初期に一括で導入する際に多くの費用がかかってしまいます。また、追加購入やクリーニング等、都度かかる費用も管理しづらいものでした。

ユニフォームレンタルで解決

レンタル料金だけなので、初期コストがかかりません。クリーニングやリペアの費用も込みで、細かい気遣いが不要になります。月々のレンタル費用として経費処理ができます。

4.福利厚生の充実を実現

福利厚生の充実を実現

これまでの課題

自宅に持ち帰ってユニフォームを洗濯し、それをまた職場に持っていくことが、一定の負担になっていました。特に工場など、汚れやすい環境では、自宅の洗濯物とは別に扱わなければならないなど、負担も大きくなっていました。

ユニフォームレンタルで解決

一切の手間がなくなる上、しっかりとクリーニングされた清潔なユニフォームが着用できるようになります。負担の軽減だけでなく、職場環境の向上としてもユニフォームレンタルが役に立ちます。(着替頻度は別途打合せ)