工場の紹介

アクアクララプラント

RO膜(逆浸透膜)システムによる最新鋭の技術を取り入れた全国でも最上位クラスの最新プラントで、理想のおいしいお水『アクアクララ』は生産されています。いつでも安心で安全なお水をご提供しています。

ボトルの洗浄から、お水の充填まで、製造プラントで各工程の品質基準を確保するため、作業者に厳しい資格制度を設けています。

HACCP(総合衛生管理基準)に近いレベルの「アクアクララ クオリティマネジメントシステム(AQMS)」を設け、研修や定期的な試験に合格した資格者が、お水の製造作業を行っています。

プラント外観

プラント外観

平成25年 7月 19日竣工
敷地面積 445.82坪
延べ床面積 365.00坪

プラント主要設備

  • プレリンサー 洗浄能力 450本/h
  • リンサー 洗浄能力 450本/h
  • フィラー 製造能力 450本/h


プラント付帯設備

  • 自動除水装置
  • 2ウェイ方式自動テーブルリフター
  • 自動シュリンク装着装置
  • 太陽光発電(48kw/h)
プレリンサー(ボトル一次洗浄)

プレリンサー(ボトル一次洗浄)

リターナルボトルをプラント内へ運搬するにあたり一次洗浄を行います。

リンサー(ボトル二次洗浄)

リンサー(ボトル二次洗浄)

リターナルボトルをさらに、開発された専用洗剤で、入念に洗浄を行います。

自動充填装置

自動充填装置

自動充填装置でリターナブルボトルにお水を充填します。
製造はセミオートマチック方式。

キャップ装着・シュリンク装着・製造日印字・検品

キャップ装着・シュリンク装着・製造日印字

水の風味は繊細で大変デリケートなものです。そのためアクアクララでは水づくりを行うプラントの管理に細心の注意を払っています。

ボトリングは厳重な管理のもと最新鋭のクリーンブースで行われ、最終チェックを受けたのち、デリバリーカーでプラントから直接お客様にお届けします。

日々の製造終了後には自動ボトル洗浄機などを目視で注意深く確認しながら、丹念に隅々まで手洗いによる洗浄殺菌が行われます。